便失禁をひとりで悩まないでどんな病気なの?

便失禁には、大きく2つの症状があります。

便失禁とは、排便を十分にコントロールできていない状態をいいます。腹痛や頭痛、嘔吐などと同じように、あくまで症状を指していますが、体のどこかにトラブルがあるために「便が漏れる」のであり、そういう意味では「病気」といえるのです。

便失禁と一言でいっても、下痢のような液状の便が漏れる場合や、固まった便が漏れる場合、また漏れる便の量も、下着を汚す程度の量だったり、多量であったりと、便の漏れ方や量、形状も様々です。便失禁はその症状によって分類することができます。

切迫性便失禁

「あっ、トイレに行きたい」という便意は感じるものの、短い時間でも排便を我慢できずに、結果的にトイレにたどり着く前に便が漏れてしまう。この便失禁は便意の「切迫感」を伴うため、「切迫性便失禁」と呼ばれています。力を入れて肛門を締める筋力が弱っているために起こることが多く、便失禁患者の16%*がこの「切迫性便失禁」といわれています。

漏出性便失禁

自分ではまったく気づかないところで便が漏れてしまうため、トイレで下着を脱いだ時や肛門付近に違和感を感じたり、洋服のシミを見つけて初めて“便失禁”に気づきます。この便失禁には切迫感がなく、自分でも気づかないうちに漏れてしまうことから「漏出性便失禁」と呼ばれています。便失禁患者 の約49%*が「漏出性便失禁」です。

便失禁患者の35%*が、「切迫性便失禁」と「漏出性便失禁」の両方の症状を持っているといわれています。

*味村俊樹 ほか:本邦における便失禁診療の実態調査報告 -診断と治療の現状-.日本大腸肛門病学会誌 65(3):101,2012

総監修医療法人三慶会 指扇病院 副院長、排便機能センター長 味村俊樹先生